穏やかな日々

1  七年後の空

昨日1月10日は、母の命日だった。

 

テーブルに置いた母の写真の前に、白い薔薇を一輪飾った。

その隣に母の好きだったお茶を入れてから、私は両手を合わせた。

 

風の強い日だった。

部屋の中は、静かで穏やかな時間が過ぎていった。

 

母が亡くなったあの日が、今鮮やかに蘇っていた。

 

時々壁の時計を見ながら、あの日の同じ時間に何が起きていたのか、その時自分はどうしていたのか、

私は思い出していた。

 

あの1日は、もう7年前になっていた。

こうしてみると、随分と月日が経ったような、ついこの間の出来事であったような、不思議な感覚だった。

 

どの場面も、ありありと思い出すことができた。

すると、今でも自分がそこにいるかのように、あの時と同じ感情や思いが、

自分の中から湧いてきた。

 

私は、きっとこれから先も決して忘れることはないだろう。

かけがえのない愛するひとを失った悲しみをや、どうしようもなくやり場のない悔しさを。

そして、その時の気持ちや思いを深く胸に抱いて、これからを生きていくだろう。

 

私には今、はっきりとわかる。

悲しみや悔しさが深い分、きっとそれは、未来の喜びに変えていくことができるのだと。

そして、それこそが、母が本当に願っていてくれたことなのだと。

そんなことを思いながら過ごした1日だった。

 

気づくと、壁の時計は、夜の12時を過ぎていた。

 

朝起きて、外を見た。

太陽がまぶしく輝いていた。

 

頭上には、あの日から7年経った空が、

どこまでも果てしなく広がっていた。

(2011.1.11)

2 東京の冬

朝から静かだった。

目覚めても、しばらくそのことに気がつかなかった。

 

ベッドの中で横になったままじっと耳を澄ませてみると、ガラス窓と障子を通していつも聞こえてくる、家の外からの音が、ほとんどない。

静まり返っている。

車がアスファルトの地面の上を走り去って行く音が、時折するだけだった。

 

起きて窓の外を見ると、青く澄み渡る空が見え、すっかり葉っぱを落とし枝だけになった林が見え、

そして、濡れた路面が見えた。

 

一昨日、東京も雪が降った。

それは降ってもすぐに融けてしまい、ほとんど積もることはなかった。

道路以外の所には、ちらほら白く積もっている所も見受けられたが、あまり大したこともなかった。

そして、昨夜も夜遅く雨が降ったのだろう。

 

天気予報を見ると、信州は雪だった。

東京と違って、冬は雪がよく積もった。

 

そこで自分が生活していたことを思い出す。

冬になって、その積もった雪の上を歩いたり、自転車に乗ったり、車を運転していたことを思い出す。

信州と違って東京は雪が積もらない分、生活するのは楽なのだろう。

 

ふと気づく。

自分が今、東京で暮らしていることがとても不思議だ。

何年か前には全く思いもしなかったことだ。

人生とは、本当はそういうことの繰り返しなのかもしれない。

だから、面白いとも言えるのかもしれない。

 

自分はこれから再びどこへ行くのだろうか。

そして、一体どうなっていくのだろうか。

 

それは、いつも謎のままだ。

きっとこれからも。

(2011.2.13)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。